パパチャリでGO
リンクのページ
管理人&更新履歴
雑記帳 平成28年後半
雑記帳 平成28年前半
サイクリング記録一覧
サイクリング496-500
サイクリング491-495
サイクリング486-490
サイクリング481-485
サイクリング476-480
サイクリング471-475
サイクリング466-470
サイクリング461-465
サイクリング456-460
サイクリング451-455
サイクリング446-450
サイクリング441-445
サイクリング436-440
サイクリング431-435
サイクリング426-430
サイクリング421-425
サイクリング416-420
サイクリング411-415
サイクリング406-410
サイクリング401-405
サイクリング396-400
サイクリング391-395
サイクリング386-390
サイクリング381-385
サイクリング376-380
サイクリング371-375
サイクリング366-370
サイクリング361-365
サイクリング356-360
サイクリング351-355
サイクリング346-350
サイクリング341-345
サイクリング336-340
サイクリング331-335
サイクリング326-330
サイクリング321-325
サイクリング316-320
サイクリング311-315
サイクリング306-310
サイクリング301-305
サイクリング296-300
サイクリング291-295
サイクリング286-290
サイクリング281-285
サイクリング276-280
サイクリング271-275
サイクリング266-270
サイクリング261-265
サイクリング256-260
サイクリング251-255
サイクリング246-250
サイクリング241-245
サイクリング236-240
サイクリング231-235
サイクリング226-230
サイクリング221-225
サイクリング216-220
サイクリング211-215
サイクリング206-210
サイクリング201-205
サイクリング196-200
サイクリング191-195
サイクリング186-190
サイクリング181-185
サイクリング176-180
サイクリング171-175
サイクリング166-170
サイクリング161-165
サイクリング156-160
サイクリング151-155
サイクリング146-150
サイクリング141-145
サイクリング136-140
サイクリング131-135
サイクリング126-130
サイクリング121-125
サイクリング116-120
サイクリング111-115
サイクリング106-110
サイクリング101-105
サイクリング91-100
サイクリング81-90
サイクリング71-80
サイクリング61-70
サイクリング51-60
サイクリング41-50
サイクリング31-40
サイクリング21-30
サイクリング11-20
サイクリング1-10
雑記帳平成27年
雑記帳平成26年
雑記帳平成25年
雑記帳平成24年
雑記帳平成23年
雑記帳平成22年
雑記帳平成21年
趣味の部屋平成20年
趣味の部屋平成19年
趣味の部屋平成18年
ドバイ旅行記

 

サイクリング271〜275

275

遊行かぶき さんせう太夫

さんせう太夫と言われても?と考えてしまいそうです。森鴎外の小説『山椒太夫』とか安寿と厨子王の悲しい物語で思い出してもらえそうです。子供の頃映画を見たような気がします。午後3時半より途中15分ほどの休憩をはさんで6時半までエアコンの無い遊行寺の本堂での熱演を汗を拭き拭き見てきました。悲しい物語につい涙がほろりとなりました。 平成22年9月12日(日) 天候:晴れ

走行17Km

戸塚→境川→遊行寺

274

貴船まつり

写真クラブの仲間4人で真鶴の貴船神社のお祭りの写真を撮りに1泊旅行をしてきました。朝7時に出発。真鶴までの有料道路はすべてタダでした。9時過ぎには現地に到着。今日も朝からカンカン照り。昼食をはさんで午後の4時ころまでお祭りの船やらお神輿を追いかけて写真を取りまくったのは良いのですがさすがに疲れました。

平成22年7月27日(火)28日(水)

天候:晴れ

自動車に乗せてもらいました。

戸塚→藤沢・新湘南バイパス→134号→西湘バイパス→真鶴道路→真鶴

273

浜降祭

茅ヶ崎の浜降祭、朝早く5時頃から神輿が集まって来るので今年は6時頃に行って見ようかと思っていたのですが、寝坊して現地に着いたのは7時過ぎでした。既に神輿はそろっていて神事が始まっていました。この後8時頃から神輿が海に入ります。 平成22年7月19日(月、海の日)

天候:晴れ 走行37Km

戸塚→境川→引地川・富士見橋→浜須賀→茅ヶ崎

272

にっぽん丸

今年からボランティアで防犯指導員なるものをやることになりました。今日はその新任研修会に出席してきました。場所は山下公園のそばの神奈川自治会館と言うところでした。4時過ぎに終わったので少し散歩してきました。大桟橋にはちょうど客船のにっぽん丸が停泊していました。

平成22年7月16日(金) 天候:晴れ

地下鉄で行ってきました。

踊場→関内

271

八坂神社 お札まき

戸塚の八坂神社は地元ではお天王様と言われ親しまれています。例祭が毎年7月の7日から14日まで開かれ、14日には横浜市指定無形民族文化財のお札まきが行われます。男性が姉さんかぶりの女装をして歌に合わせて踊り五色のありがたいお札をまきます。 平成22年7月14日(水) 天候:晴れ

歩いて行ってきました。

戸塚→八坂神社(戸塚区戸塚町)

 ♪♪♪♪♪ホームへ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ページTOPへ

平成22年9月12日(日) 天候:晴れ 走行17Km

275: 遊行かぶき さんせう太夫

さんせう太夫と言われても?と考えてしまいそうです。森鴎外の小説『山椒太夫』とか安寿と厨子王の悲しい物語で思い出してもらえそうです。子供の頃映画を見たような気がします。午後3時半より途中15分ほどの休憩をはさんで6時半までエアコンの無い遊行寺の本堂での熱演を汗を拭き拭き見てきました。悲しい物語につい涙がほろりとなりました。

 

新装になった遊行寺の茶店。トイレもきれいになりました。

 

今日は公演の前に午後1時から先生方の特別シンポジウムがありました。右端が遊行かぶきを始めた白石征先生で脚本・演出を担当しています。隣の九條今日子さんは故寺山修司さんの元奥さんで松竹の女優でした。今回の劇の中にも寺山修司の短歌が出てきます。

シンポジウムの後、開演まで少し時間があったので遊行寺の奥の小栗堂にある小栗判官と照手姫のお墓にお参りしてきました。照手姫の物語は以前遊行かぶきで上演されました。

遊行寺の六地蔵。一人ひとり表情が豊かです。

舞台のある本堂には整理券順に入ります。本堂の畳に座って見ます。中央前から二列目でした。

上演中の写真撮影はフラッシュ禁止ですとの注意がありほとんど撮っていません。これは舞台の奥、本堂の正面入り口の扉を開けて外から安寿が荷車を引いて入ってくる場面です。と思ったのですが私の勝手な思い込みで筋書きからすると車を引いているのは安寿では無く演出家の白石さんが正面の扉を開けて外から役者が入ってくる場面を筋書きとは関係なく当時の世相を表すため今回も取り入れたものと勝手に解釈しました。

厨子王はやっと母親を探し当てたが母親は目が見えなくなっていた。厨子王が肌身離さず持っていた安寿の身代わり地蔵菩薩のご利益で母親の目が見えるようになる。そこへ山椒太夫の息子三郎によって殺された安寿が現れ母親と厨子王の前で舞を舞う幻想的な最後の場面です。

無事演技が終わって一同舞台に勢ぞろいです。お疲れ様でした。左が子供の頃の厨子王、中央は遊行舎の看板女優で安寿を演じた中島淳子さんです。右隣は成人した厨子王です。

 ♪♪♪♪♪ホームへ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ページTOPへ

平成22年7月27日(火)28日(水) 天候:晴れ 自動車に乗せてもらいました。

274: 貴船まつり

写真クラブの仲間4人で真鶴の貴船神社のお祭りの写真を撮りに1泊旅行をしてきました。朝7時に出発。真鶴までの有料道路はすべてタダでした。9時過ぎには現地に到着。今日も朝からカンカン照り。昼食をはさんで午後の4時ころまでお祭りの船やらお神輿を追いかけて写真を取りまくったのは良いのですがさすがに疲れました。

真鶴港付近は込みそうなので車は貴船神社の少し先の駐車場に入れ歩きました。

港には飾り付けした船(小早船)が東と西に準備されていました。こちらは東の船です。

 

  東側の船も海に入り2隻が並びます。

  

神主さんはじめ関係者一同も台船に乗って宮前の貴船神社に向かいます。

神社の本殿は長い階段の上です。神事の後、お神輿が階段を下りてきます。

お神輿を海で清めて今日の行事は終わりのようです。お疲れ様でした。

 

 お世話になった保養所。高台にあり良い眺めです。

翌28日の日の出。

 

貴船まつりは二日間で28日はお神輿が町内を練り歩き、夜にはお神輿が神社に戻る小早船が出て花火が打ち上げられるのですが、皆さんお疲れなので朝9時ころ干物のお土産を買って帰路につきました。

 ♪♪♪♪♪ホームへ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ページTOPへ♪♪♪♪

平成22年7月19日(月、海の日) 天候:晴れ 走行37Km

273: 浜降祭

茅ヶ崎の浜降祭、朝早く5時頃から神輿が集まって来るので今年は6時頃に行って見ようかと思っていたのですが、寝坊して現地に着いたのは7時過ぎでした。既に神輿はそろっていて神事が始まっていました。この後8時頃から神輿が海に入ります。

 

朝早くからご苦労様です。後半の出番に備えて皆さん休憩中です。

気がつきませんでしたが、akiさんから白い帽子の後姿は自分ですとメールがありました。

まだ神事が続いています。この後神輿が海に入るのですが用事があるので残念ですが後ろ髪を引かれながらこの辺で退散です。

 ♪♪♪♪♪ホームへ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ページTOPへ♪♪♪♪

平成22年7月16日(金) 天候:晴れ 地下鉄で行ってきました。

272: にっぽん丸

今年からボランティアで防犯指導員なるものをやることになりました。今日はその新任研修会に出席してきました。場所は山下公園のそばの神奈川自治会館と言うところでした。4時過ぎに終わったので少し散歩してきました。大桟橋にはちょうど客船のにっぽん丸が停泊していました。

こちらは山下公園前に係留されている戦後唯一残った外洋客船の氷川丸です。

 

 

  ところで にっぽん丸という船は何隻あるのかな? 疑問です。

♪♪♪♪♪ホームへ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ページTOPへ♪♪♪♪

平成22年7月14日(水) 天候:晴れ 歩いて行ってきました。

271: 八坂神社 お札まき

戸塚の八坂神社は地元ではお天王様と言われ親しまれています。例祭が毎年7月の7日から14日まで開かれ、14日には横浜市指定無形民族文化財のお札まきが行われます。男性が姉さんかぶりの女装をして歌に合わせて踊り五色のありがたいお札をまきます。

東海道に面した八坂神社の入り口。午後4時頃はまだ人は少ない。説明はクリックで拡大します。

 IMG_3720.JPG (94588 バイト)

お参りをするとお札を一枚いただけます。

皆さんお参りをして広場に書かれた円の周りで行儀良く待ちます。午後4時から式典があり5時20分からお札まきがまず境内の広場で行われます。

さあ、お姉さんたちの入場です。まずはお払いを受けてから広場に集まります。

歌に合わせて輪を作って踊ります。歌のせりふが面白いのですがおぼえ切れません。

 

 

 さあ、そろそろお札まきが始まります。

 

始まった途端に皆さんお札をめがけて突進です。小さい子は危ないですね。

境内の広場から町に繰り出します。皆さん後ろに続きます。

町のあちこちでお札まきをやりますが、狭いところが多くて大変です。

 

駅前の通りには屋台がいっぱいです。ここでもお札まきをやるのですが満員電車のように身動きが取れないくらい混雑します。最後には神社に戻って境内の舞台からお札をまくようですが、遅くなるのでこの辺で退散です。

♪♪♪♪♪ホームへ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ページTOPへ♪♪♪♪

このページの最終更新日は 2014年07月09日 19:34 です。

inserted by FC2 system